ぎふ・プロジェクトネットワーク| 岐阜県の広報活動を通じ、地域経済活性化に貢献するNPO法人です。

GIFU42

●本部事務局/〒502-0003 岐阜市三田洞東1丁目20番3号 TEL.058-237-6222 FAX.058-237-7509



岐阜県

長良川の古くからの魅力を新たな視点で発信

長良川ブランドブック「湊」
その壱 発刊

長良川にはかつて、人々が集まり商いをする川湊(かわみなと)があった事をご存知でしょうか。

明治、昭和初期には、上流から筏(いかだ)に組み立てられた木材が運ばれ、下流からは伊勢湾の海山物が運ばれるなど、長良川は海のない岐阜にとってはとても大切な水運の役目を果たし、筏のりや商人で賑わっていました。

川湊の拠点となったのは、現在は鵜飼の名所として有名な岐阜市の川原町付近(長良川の南:カワミナミ、左岸)や、対岸の鵜飼屋と呼ばれる地域(長良川の北:カワキタ、右岸)。

特に鵜飼屋には古くから鵜匠が住み、江戸時代には長良川で捕れた鮎で作られたなれずしがお鮨街道、東海道を通り江戸まで運ばれて行きました。

現在は水運の役目はなくなったものの、豊かな自然による景観の素晴らしさや、鮎などの川の生き物の漁場、綺麗な飲み水として岐阜を潤している長良川。

うつりゆくどんな時代も、わたしたちは長良川とともに生きています。

長良川ブランドブック湊は、時代とともにその役目を変える長良川の過去と現在、そこに暮らす人々の魅力をお伝えしています。また、長良川の恵みを受けて生まれた商品、見所も紹介していきます。

創刊号では、長良川右岸の鵜飼屋地区、鵜飼や観覧船の船頭さん、岐阜ならではの芸妓さん、舞妓さんの魅力を特集しています。

初版は3000部。16P綴り。オールカラー。その弐は、3月上旬発行予定です。

 

■長良川ブランドブック湊 その壱 目次

・特集1 鵜匠さんのまち、右岸 長良川と鵜飼がともにあるまち

  鵜匠さんのまち“鵜飼屋”に暮らす人たち

  鵜飼屋とことこ歩き

  鵜飼を支える船頭さんの魅力 川を知っとる男たち

  船頭さんを見て・知って・楽しむ 長良川鵜飼

・特集2 岐阜ならではの芸妓さん、舞妓さん

  伝統と新しさをつなぐ 岐阜の舟遊び

  お座敷遊びことはじめ

・長良川のこれから

■長良川ブランドとは

岐阜県が提案するこころ、からだ、自然環境にやさしい新たな旅スタイル「ぎふウェルネス・ツーリズム」の考えに基づき、「長良川サイダー」「舟遊び」「長良川ブランドブック 湊」など、長良川の歴史や文化を背景にした物語から生まれた商品やサービスを開発し、地域イメージを高めて発信するプロジェクトです。

■長良川ブランドブック湊 設置場所

・長良川ブランド事務局

・ JR岐阜駅観光案内所

・ 岐阜市観光コンベンション協会

・ 長良川温泉旅館
(十八楼・ホテルパーク・岐阜グランドホテル・都ホテル・きんか・石金・すぎ山) など

■PDF版

長良川ブランドブック湊 その壱(PDF:6746K)

上記をクリックすると、冊子を画面上で見られます。

■長良川湊ブランドWEB

http://nagaragawaminato.jp

(現在準備中。3月下旬開設予定です。)

■お問い合わせ

長良川ブランド事務局

〒500-8024 岐阜市上新町9番地

電話:058-267-6090

メール:minato@onpaku.asia