ぎふ・プロジェクトネットワーク| 岐阜県の広報活動を通じ、地域経済活性化に貢献するNPO法人です。

GIFU42

●本部事務局/〒502-0003 岐阜市三田洞東1丁目20番3号 TEL.058-237-6222 FAX.058-237-7509



下呂市

「地産・地消と特産品の開発販売」で
地域活性化に貢献!

「飛騨牛専門店 天狗」の
「なっとく豚ハム」が
モンドセレクション銀賞を受賞

飛騨の2大ブランド肉「飛騨牛」「飛騨納豆喰豚」の販売を通して下呂市の活性化に貢献する天狗。「地産・地消と特産品の開発販売」で地域活性化への貢献を目指しています。

 南飛騨下呂市には、日本一の鮎を育む清流馬瀬川、そして日本一滝の数が多い小坂200滝や複数の温泉宿がある温泉地として日本一高い場所にある濁河温泉、日本に数箇所しかない炭酸温泉など、他の地域には無い特徴のある「自然」が有ります。
最近は小坂200滝が岐阜の宝物に選定された事をきっかけに、非常に多くの観光客が訪れるようになりました。
弊社は食による地域活性化への貢献を目指し、平成22年『新ブランド飛騨「納豆豚喰豚」の精肉・加工品等の製造・販売事業』計画を策定し、国の農商工等事業計画の認定を受けました。
これを期に下呂市特産納豆喰豚の地元料理店への供給で、観光客に喜ばれる納豆喰豚料理の開発を推進し、現在約30軒の料理店・旅館などが、中華・和食・フレンチ・イタリアン・創作料理などで提供しています。

また納豆喰豚を使ったハム・加工品の開発を推進し、現在は「なっとく豚ハム」「なっとく豚ロースハム」「なっとく豚ウインナー」「なっとく豚フランクフルト」「飛騨牛&納豆喰豚の飛騨の合挽ハンバーグ」「飛騨牛&納得喰豚の飛騨の肉みそ」などを、下呂市の特産品として市内の土産物店や旅館ホテルの売店・弊社直営店・インターネットなどで販売しています。


開発商品のブランド化を進めるため「なっとく豚ハム」をモンドセレクションに出品し、銀賞を受賞しました。


弊社はこれからも「下呂市にしかない食の魅力」の育成に努力する事を通して、地域の活性化に貢献してまいります。

■お問い合わせは

〒509-2517 岐阜県下呂市萩原町萩原1353-1

Tel:0576-52-1103 Fax:0576-52-3481

E-mail:tengu@dream.ocn.ne.jp

営業時間:AM9:30〜PM6:00 (定休日)毎週水曜日・毎月第三月曜日

■「飛騨牛」「飛騨納豆喰豚」専門店 天狗 のホームページはこちら