ぎふ・プロジェクトネットワーク| 岐阜県の広報活動を通じ、地域経済活性化に貢献するNPO法人です。

GIFU42

●本部事務局/〒502-0003 岐阜市三田洞東1丁目20番3号 TEL.058-237-6222 FAX.058-237-7509



恵那市役所

〒509-7292 岐阜県恵那市長島町正家1丁目1番地1
TEL.0573-26-2111 FAX.0573-25-6150
ホームページサポートメンバー


小坂 喬峰 市長

長い歴史を持つ多様な地域特性や食文化など
豊富な素材を観光資源として活かす

「恵那峡」「城下町」「大正村」「明知鉄道」など
観光素材がたくさんそろっている

―― 最初に恵那市の特徴を紹介していただけますか?

小坂市長 当市は、古くは東山道、中山道、新しいところでは中央線、中央道、そして今度はリニアで、以前から交通の要衝だと思っています。中山道で交通が活発だったところに宿場があり、そこに人が集まり、まちができたということ、これがまず1つです。

2つめの特徴は「恵那峡」という当時としては一大プロジェクトが行われたということです。1924年に完成していますので、もうすぐ100年を迎えますが、日本初のダム式発電所です。福沢桃介が巨額の投資をして、ダムを作りました。最近のダムは、ダムを作ることで人工物ができて景観が壊れるといわれますが、恵那峡の場合は新しい景観が観光地になり、県立自然公園になりました。これは特徴的なことです。


恵那峡は旧恵那市としての最大の特徴ですが、新しい恵那市になってからは岩村町、山岡町、明智町、串原村、上矢作町が合併したわけですが、岩村については、現在、大河ドラマで直虎が放送されていますが、女城主で800年の歴史があります。歴史や文化、生活が残る古い町並みとして多くの方に訪れていただいています。明智町の大正村は村長も竹下景子さんに代わって3代目になりました。もともと大正時代の街並みや古い生活が残っているということで、まちづくりが進められてきました。

県内にはローカル鉄道といわれる第3セクターの鉄道が3つあり、そのうちの1つが明知鉄道です。恵那駅を出発して岩村を通り、明智へ出ます。中山道が通っている恵那駅ですから400年の歴史がある駅をスタートして、800年の歴史があるまちを通り、100年前の大正村へ連れて行ってくれます。こういう鉄道はほかにはあまりないと思いますので、観光としての素材はたくさん持っていると思います。


話は変わりますが、当市にはリコーエレメックスという会社があります。古くはリコー時計といわれている会社が恵那ICの北西にあります。リコー創始者の市村清さんが当市に何度も通い、恵那峡にも投資をしたという記録が残っています。当時、経営の神様といわれた人が当市に関わっていたことも特徴として挙げられると思います。

―― 市村さんは、なぜ恵那市にそれほど関わったのでしょうか?

小坂市長 リコーは、感熱紙やリコピーといわれるコピー機の前身の会社を作って、それが大きくなったわけですが、かつて名古屋にあった高野時計という時計メーカーが、伊勢湾台風によって壊滅的な打撃を受けた時、名古屋の財界がなんとか高野時計を助けようということになり、当時、リコーの総帥だった市村さんに助けを求めたそうです。市村さんはそれに応じる形で高野時計をリコー時計という子会社にしました。そして名古屋で再建することは難しいからということで、当市に工場を建てました。これは当市における企業誘致の第1号でもありました。伊勢湾台風が約50年前の話で、それからさらに50年さかのぼると、当市に福澤桃介が暮らしていたということで、歴史の転換点が当市には残されているという印象を持っています。

―― 市村さんによる、そうした歴史については市民の皆さんはご存知ですか?

小坂市長 古い方はご存知だと思います。ただ、若い世代はあまり知らないと思いますので、若い人にもぜひ知ってほしいと思います。

―― 話は元に戻りますが、明知鉄道は恵那市だけを走っているのですか?

小坂市長 阿木駅と飯沼駅の2駅は中津川市の阿木地内を走っています。合併する前は恵那市や明智町、岩村町、山岡町は別の市町でしたので、たくさんの市町を走っていましたが、合併後は阿木地内を除いては恵那市です。

移住定住の先進地域である「串原」
「上矢作」は福祉のまちづくり

―― 串原や上矢作町についてもご紹介いただけますか?

小坂市長 串原、上矢作はマイナス面でいうと、高齢化が一番進んでいて、人口減少的には厳しい地域です。ただし、特に串原についていえば、高齢化や人口減少に早くから遭遇したので、現在一番頑張っている地域です。空き家に移住定住する活動もかなり前からスタートされています。現在、串原で取り組んでいることを市全体へフィードバックしてもらっていて、とても先進的な取り組みをされています。
上矢作もかなり高齢化が進んでいますが、合併する前の上矢作町として病院と老人福祉施設をいち早く整備して、福祉をメインにしたまちづくりを進められました。それが受け継がれていて、地域として一生懸命支えていこうという取り組みを続けられています。それぞれに、合併する前のまちの特色が残されていて、それは大事にしていただきたいと思っています。

―― 串原は移住定住のモデルケースという話でした。具体的にはどのような状況ですか?

小坂市長 元々の人口は少ないですが、子どもの人口はあまり減っていません。串原は岐阜県中でも一番南側の地域で、川を挟んだ向こう側が豊田市で、豊田市街地まで車なら約1時間で行くことができますので、トヨタ自動車関連で働いている方も多いです。

耕作放棄地を活用して
“儲かる農業”を模索

―― 移住定住というと新規就農される方もいると思います。政策においては農業推進にも力を入れられるようですね。

小坂市長 はい。市内にある田んぼや農地の8分の1は耕作放棄地です。8分の7は残っていますが、今後10年ぐらいで耕作放棄地は増えていくと考えています。現在はリタイアした60代、70代の方が中心になって田畑を一生懸命やってくれていますが、次の世代になると、おそらくやらないと思います。ですから今のタイミングで、農業で食べていける仕組みを作らないと耕作放棄地は増えると思います。お金を生み出すべき農地がお金のかかる土地に代わってしまう可能性がありますので、なんとか食い止めたいと考えています。
そもそも農業で人が暮らしていけるようにすることは基本だと思います。市内には約4000haの農地があり、その8分の1にあたる約500haは耕作放棄地です。そこで米を作ると1反当りの収益が10万円です。それをトマトにすると100万円になり、経済効果は50億円になります。50億円の経済規模で1世帯当たりの収入を1000万円にすると500世帯分にもなります。現在遊んでいる土地を活かすだけでも新しい雇用が生み出せると考えています。

―― すでに具体的な取り組みは始まっているのですか?

小坂市長 企業、個人の方でチャレンジしてみたいという話もすでにいただいています。来年度については「儲かる農業推進プロジェクト」も予算化しました。農産物の生産性及び所得の向上を図ろうということで、検討委員会も設置します。当市には恵那農業高校もありますので、様々な研究を行ってもらって、チャレンジしたい農業者をバックアップしていきたいと考えています。耕作放棄地でも意外に儲かるではないかという事例ができれば、前に進むのではないかと期待しています。

埋もれている地域の味を掘り起こし
恵那らしさを感じる食文化でおもてなし

―― 「はたらく」「たべる」「くらす」ことに重点を置いた政策を進められるということですが、観光面においても「たべる」ことが1つのキーポイントになると考えられているようですね。

小坂市長 はい。食の産業はなくならないということが1つです。JTBが発行する「るるぶ」という旅行ガイドブックがありますが、るるぶは、「見る」「食べる」「遊ぶ」からネーミングされたそうです。食べるということは観光の3つの要素のうちの1つだということです。そして、食べることは、どれだけ歳をとってもなくなることがありませんし、健康の源でもあります。観光においても健康においても大事だということで、市民の方には食べることで健康になってもらい、外から来た方には食べることで楽しんでもらう。さらにいえば観光客の皆さんには食べることで健康になっていただきたいと考えています。

―― 具体的には新しい特産品を開発するといった動きをお考えですか?

小坂市長 食文化と言われるように、地域で受け継がれてきたものが、その地域の味です。それを活かしたいと考えています。串原でいえば、「へぼ」が有名です。あるいは市内全域では「栗きんとん」「五平餅」がメジャーです。でも、それ以外にも地域で食べられている、楽しまれている食べ物があるはずですから、それをもっと活かしていきたいと考えています。昔から受け継がれてきたものを現代風にアレンジして、次の世代へ伝えていくことで食文化として訪れるお客様に楽しんでいただけると思っています。それが恵那らしさだと思います。

 

 

恵那市の情報

面積:504.19km2
人口:51,786人(平成28年10月1日)
市の木:ハナノキ
市の花:ささゆり

名所・旧跡・観光

中山道大井宿
中山道広重美術館
恵那峡
阿木川ダム・阿木川湖
岩村城址
日本大正村
ささゆりの湯
矢作ダム・奥矢作湖
モンゴル村
岩村城下町
坂折棚田

隣接する自治体

中津川市|瑞浪市|白川町|八百津町

商工会・商工会議所のご案内

恵那商工会議所のホームページはこちら
恵那市恵南商工会のホームページはこちら

サポートアイコンL.jpg

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

東濃信用金庫

LinkIcon


LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

 

 

 

 

 


LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon