ぎふ・プロジェクトネットワーク| 岐阜県の広報活動を通じ、地域経済活性化に貢献するNPO法人です。

GIFU42

●本部事務局/〒502-0003 岐阜市三田洞東1丁目20番3号 TEL.058-237-6222 FAX.058-237-7509



坂祝町役場

〒505-8501 岐阜県加茂郡坂祝町取組46-18
TEL.0574-26-7111 FAX.0574-27-1808
ホームページサポートメンバー

南山 宗之 町長

フェラーリのふるさとと友好提携、
ラジコンカーの記念品
“クルマのまち”という特色を活かしてPR

織田信長による東美濃攻略を描いた
歴史マンガ「夕雲の城」を刊行

―― 前回、「猿啄城」展望台の勝山へのウォーキングについて伺いましたが、猿啄城に関する新しい取り組みが始まったそうですね。

南山町長 はい。美濃加茂市、富加町と協働で織田信長の東美濃攻略を描いた歴史マンガ「夕雲の城」を刊行しました。これは、美濃加茂市・富加町・当町を舞台に繰り広げられた織田信長の東美濃攻略について、より多くの方に知っていただこうということで刊行したものです。今回の歴史マンガでは、富加町の「加治田城」と富加町・美濃加茂市の「堂洞城」での戦いが中心に描かれていますので、これをきっかけに今度は当町独自で、猿啄城を中心に描いた歴史マンガの刊行を進めようと考えています。

―― なるほど、坂祝町にとって大切な地域資源である猿啄城をマンガという切り口によって、さらに多くの方に関心を持っていただこうというわけですね。ほかの取り組みについてはいかがですか?

フェラーリの本拠がある
イタリア・マラネロ市との交流事業

南山町長 平成24年2月から友好提携を結んでいるイタリア・マラネロ市との交流事業があります。

―― イタリアのマラネロ市とは、どのような関係性で友好提携を結ぶようになったのですか?

南山町長 15年ほど前から中日本自動車短期大学がマラネロ市にあるイタリア国立フェラーリ工業専門学校と提携を結んでいました。そこで、当町もパジェロ製造があり、“クルマのまち”としてPRしていますから、行政同士でも交流を深めることができないかと打診したところ、快い返事をいただき、現在に至っています。

―― 具体的な交流事業はどのような内容ですか?

南山町長 隔年で、当町から中学生を派遣しています。マラネロ市は人口約1万7千人。フェラーリの本拠地であるとともに、周囲はブドウ畑と牧場に囲まれ、パルメザンチーズの産地であり、バルサミコ酢の製造も盛んです。行程は8日間で、そのうち3日間はホームステイもあります。マラネロ市の子どもたちが折り紙教室を開いてくれたり、日本の歌を演奏してくれたりしてもてなしてくれます。逆に、当町の子どもたちも練習したイタリアの歌を披露したり、よさこい踊りを披露し、一緒にサッカーなども楽しんで交流を深めています。こうした歌や踊り、スポーツによる交流は言語をあまり必要としません。事前にイタリア語の勉強をしていきますが、簡単なあいさつぐらいはできても、込み入った話をするのはやはり難しいです。帰国後は子どもたちから、「もっといろいろなことを話したかった」という声も聞かれ、勉強の大切さを改めて痛感する機会にもなっています。また、小学生の子どもたちの中には、「中学校へ行ったらイタリアへ行くことができるかもしれない。だからまず英語を一生懸命勉強しよう」と考える子どももいて、学びに対する意欲にもつながっています。


―― フェラーリの工場も見学できるのですか?

南山町長 はい。普通はなかなか見学できないようですが、当町は友好提携を結んでいることもあり、見学させていただいています。工場内の印象は、まずとても清潔感があります。そして、働く人が無理な姿勢をとることなく作業ができるように考えられていて、働く人のモチベーションが上がる工夫がされているところを随所に見ることができます

―― 子どもたちにとっては、本当に貴重な体験ができる素晴らしい機会ですね。それ以外の取り組みについても教えてください。

地元企業のアイデアと障がい者の自立支援
ラジコンカーの記念品

南山町長 これも車に関する話題ですが、ふるさと納税の記念品としてラジコンカーを用意しています。

―― ラジコンカーですか。どのような経緯で記念品になったのですか?

南山町長 当町にはR31HOUSEという自動車部品の整備・販売会社があります。7代目R31型スカイラインをメインにレストアを行い販売しています。全国に多くのファンを持つ企業ですが、工場に隣接してラジコンカーのサーキットを作り、ラジコンカーの製造・販売も手がけています。ラジコンカーの受注が全国から舞い込むようになり、障がい者の方々の助けを借りようということで、現在に至っています。当町に本拠を置く企業のアイデアから出た商品であるとともに、障がい者の方々の自立支援にも役立つことから、ふるさと納税の記念品として提供させていただいているというわけです。ミッションを組むのは、なかなか大変な作業ですが、障がい者の方々は大変上手に組み立ててくれます。中にはご飯を食べるのも忘れるほど作業に没頭している人もいるそうです。今後も、こうした取り組みを通じて“クルマのまち”としてPRしていきたいと思います。

 

坂祝町の情報

面積:12.89km2
人口:8,233人(平成28年9月30日現在)
町の木:南天
町の花:サルビア

名所・旧跡・観光

飛騨木曽川国定公園(通称:日本ライン)
日本ライン
ロマンチック街道
猿啄城跡
岩屋観音

隣接する自治体

関市|美濃加茂市|各務原市|可児市

商工会のご案内

坂祝町商工会のホームページはこちら

サポートアイコンL.jpg

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

関信用金庫


LinkIcon

 

 

 

 


LinkIcon