ぎふ・プロジェクトネットワーク| 岐阜県の広報活動を通じ、地域経済活性化に貢献するNPO法人です。

GIFU42

●本部事務局/〒502-0003 岐阜市三田洞東1丁目20番3号 TEL.058-237-6222 FAX.058-237-7509



高山市役所

〒506-8555 岐阜県高山市花岡町2丁目18番地
TEL.0577-32-3333 FAX.0577-35-3162
ホームページサポートメンバー

國島 芳明 市長

感謝と思いやりを大事にした「おもてなし」の
高度化で観光地・飛騨高山の魅力をさらに高める

高山を体感できる総合的なゲートウェイを計画
新しい食の提案も模索中

―― 市内観光および広域観光の交通発着点であり、地産地消や高山の文化なども体験できる拠点空間(観光ハブ拠点)の形成に努めるということですが、具体的な内容について教えてください。

國島市長 まだ具体的な場所は確定していませんが、当市へのゲートウェイとなる駅や高速道路を降りたところに、農・畜産物や産品が手に入り、食事もできて、観光情報も手に入れることができる高山を体感していただけるような施設を作っていく必要があると思っています。

 1つの例としては、公設の卸売市場には農産品などが集まりますが、仲買人や小売りの方が産品を取り扱うための中継地点に過ぎません。そこを消費の場に近づけていくのもおもしろいアイデアではないかと考えています。

―― 食事が楽しめるスペースもお考えなのですね。

國島市長 はい。それがないとおもしろみがないと思います。飲食スペースを設ける際は、同時に新しい食の提案もしないといけないと思っています。例えば桃であればそのまま食べるかジュースにするぐらいしかイメージがわかないですが、ワインに漬けてシャーベットにしたものを食べていただく。あるいは飛騨牛でいえばステーキかしゃぶしゃぶ、すき焼き、焼き肉ぐらいしか頭に浮かばないですが、こういう組み合わせでこんな楽しみ方があるという新しい提案をさせていただきたいと考えています。

暮らしの中に人が息づく風景が高山の魅力
心のふれあいをもとめて何度でも訪れたくなる

―― 観光産業に関わる団体や企業などが進める「おもてなし」の高度化事業や活動に対しての支援策を充実するということですが、こちらはどういった内容ですか?

國島市長 1つ例を出すと、芸妓さんの平均年齢が80歳ぐらいになって、3、4人しかいませんので後継者を作らなければなりません。ただ、芸事を身につけるにはお金もかかりますので、おもてなしの振興事業として予算もつけながら観光協会と一緒になって、芸事を習う費用を補助したいと考えています。

おもてなしは来ていただいた方に対して、まず感謝を表すことが大事です。もう1つは、来ていただいた方の立場になって、何をしてさしあげたらよいかという思いやりの2点がポイントだと思います。これまではホテル、飲食店、土産物店などお客さんと直接ふれる方が研修を受けていました。でも、お越しいただいた方は何を求めているかというと、高山の文化性というか人とのふれあいに魅力を感じて訪れていただくことが非常に多いので、市民の気持ちの持ち方も大切です。

その一環として子ども向けの「Can I help you?」活動を始めています。外国の方に会ったら、ニコッと笑って「Can I help you?」と言える子どもたちを増やそうということです。「来てくださってありがとう」という気持ちが、何らかの言葉や態度で出る。「困っていることはありませんか」と相手の立場を思いやって対応する。そういった市民を増やしていくことが一番大事なことだと思います。お店を経営している方にとっても、商売はもちろん大事ですが、ある種、社会貢献のような気持ちになって観光事業をやってもらうことが高度化につながると思います。

―― 「Can I help you?」活動に見られるように、すでに「おもてなし」の高度化事業は進められているわけですが、市民の意識に変化は感じられますか。

國島市長 変わりつつあると思います。観光客に対する思いだけではなく、日常的に生活している時もおもてなしの気持ちは大事だと思います。自分一人で生きているわけではありませんから、みんなに感謝しながら生きていく。そういう心の連携が大事だと思います。個に固執することなく地域の連帯感が醸成されていくまちづくりをする必要があると思います。これまで地域が残ってきたのはコミュニティの強さがあったからではないでしょうか。その根本はおかげさまという気持ちがあったからだと私は思っています。

―― 高山市はリピーター率も非常に高いようですが、そうした市民のおもてなしが訪れる人を何度も来たくなるという気持ちにさせているのでしょうね。

國島市長 当市を訪れる7割はリピーターの方々です。訪れる方が求めているものの1つとして、ふるさと回帰があるのではないでしょうか。1年に何度も訪れてくれる方もいます。当市を訪れて、見るものは同じでも会う人や接してくれた人たちはシチュエーションに応じて変わります。それを楽しみに来てくださっている気がします。暮らしの中に人が息づいている雰囲気が琴線にふれるのではないでしょうか。

高山の匂い・手の跡がわかるものを増やしたい
メイド・イン飛騨高山の商品づくり

―― 優れたメイド・イン飛騨高山の商品・製品を創出する試みを支援することについて教えてください。

國島市長 今、メイド・イン飛騨高山という基準がなくなっています。売られているお土産の一部はパッケージに飛騨高山と書かれていますが、作られているのは信州や富山などです。中身も全国の観光地で売っているものと大きく変わりません。そうではなく、高山の人が作ったものを増やしていく必要があると考えています。

高山ラーメンも商標登録していませんので、様々な人が商品化することによって誤解も生じています。工芸品にしても、本物の漆を使っている商品と、塗装している商品があり、一見しただけでは判別しにくいケースもあります。高山で作られていないものが飛騨の匠と謳われていて、実際に使ってみたら具合が悪かったということがないようにしていかなければなりません。その意味では本物を認証していくことが大事です。基準を作って、基準に合ったものを認証し推奨していく商品を増やしていきたいと考えています。高山の匂いがして、高山の手の跡がわかるものを増やしたいです。

―― まちづくりについても同じ考えですか?

國島市長 はい。はりぼてのような幻滅を感じるまちにしてはならないと考えています。側溝を1つ直すにしても、これまではコスト面を考慮して、既成のU字溝の上に外国産の御影石のようなものを貼りつけて、見た感じは古い側溝のように表現していました。しかし雪またじ(除雪)などしている間に欠けてきて、偽物が表に出てきてしまいます。手間もお金もかかりますが、地元の切り石を使って本物の側溝にすることを進めています。基盤整備である側溝は1度作ってしまえば、そう何度も改修するわけではありません。だからこそ、よいものを残していこうと思っています。

住宅も同じです。伝統工法を使う木造住宅には補助金を出す制度も整備しています。当市には飛騨の匠と呼ばれる伝統的な技術を持った職人がたくさんいます。本物の技術が残っていれば、これからも生き残っていくはずです。地味かもしれませんが、本物の技術を持っている人はますます希少価値になっていきます。希少価値になればなるほど、その存在感は高められてくると思います。

課題は観光客の滞在時間をいかに伸ばすか
プロ集団のまちづくり会社を機能的に活用

―― 商店街に関わる団体やまちづくり会社と協調しながら、にぎわい溢れる商店街の形成に努めるということですが、こちらについてお聞かせください。

國島市長 5年ほど前、中心市街地活性化と盛んに言われて、各地で活性化計画が立てられました。その中で当市も市や商工会議所がお金を出して、中心市街地を活性化していくための主体になるまちづくり会社を作りましたが機能していませんでした。改めて、まちづくり会社として市街地に拠点を持って、ビル経営でもよいし、空き家を集めて起業家に貸してもよいし、機能させたいと考えています。

観光客の滞在時間を伸ばしていくことは課題の1つです。さんまちをブラブラして、陣屋と屋台会館を見て2時間ぐらいで帰ってしまうのではなく、数時間あるいは数日間滞在できるまちづくりをしていくことが必要です。その意味でも市街地活性化のプロとして、全国から情報を集めて専門的に活性化していくことができるまちづくり会社として機能することを期待しています。

高山市の情報

面積:2,177.67km2
人口:90,077人(平成28年10月1日)
市の木:いちい
市の花:こばのみつばつつじ

名所・旧跡・観光

高山市三町伝統的建造物群保存地区
宮川朝市・陣屋朝市
国指定天然記念物「臥龍桜」
平湯大滝
高山陣屋
高山祭
奥飛騨温泉郷
飛騨大鍾乳洞
御母衣ダム
飛騨せせらぎ街道
乗鞍スカイライン
野麦峠

隣接する自治体

飛騨市|郡上市|下呂市|白川村

商工会・商工会議所のご案内

高山商工会議所のホームページはこちら
高山北(上宝町、国府町、丹生川町)商工会のホームページはこちら
高山西(一之宮町、清見町、荘川町)商工会のホームページはこちら
高山南(久々野町、朝日町、高根町)商工会のホームページはこちら

サポートアイコンL.jpg

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon


LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

 

 


LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon