ぎふ・プロジェクトネットワーク| 岐阜県の広報活動を通じ、地域経済活性化に貢献するNPO法人です。

GIFU42

●本部事務局/〒502-0003 岐阜市三田洞東1丁目20番3号 TEL.058-237-6222 FAX.058-237-7509



土岐市役所

〒509-5192 岐阜県土岐市土岐津町土岐口2101番地
TEL.0572-54-1111 FAX.0572-53-0020
ホームページサポートメンバー

加藤 靖也 市長

複合商業施設「テラスゲート土岐」がオープン
「フォトロゲイニング」など市内への誘客イベントも開催

土岐プレミアム・アウトレット近くに
日帰り温泉も楽しめる複合施設がオープン

―― 土岐市の交流人口を活かして賑わいを作ることを目的に、「観光拠点施設運営事業」「観光PR事業」「観光イベントなどへの助成事業」を計画しておられます。それぞれ具体的な事業内容についてお聞かせください。

加藤市長 「観光拠点施設運営事業」につきましては、27年4月に「テラスゲート土岐」という複合商業施設がオープンしました。こちらはNEXCO中日本が中心になって開発した施設で、敷地内には温浴施設「土岐よりみち温泉」とショッピングセンター、地域連携施設「まちゆい」があります。まちゆいはNEXCO中日本が運営を行っており、その一部を観光協会が借りて活動しています。活動内容としては、陶磁器のまちである当市をはじめ、東濃地域のPRが主な事業内容になっています。

スポーツしながら観光もできる
体験型イベント「フォトロゲイニング」を開催

―― 続きまして、「観光PR事業」についてお聞かせください。

加藤市長 「観光PR事業」については、昨年10月に「フォトロゲイニングNIPPON2015土岐」を開催しました。「土岐プレミアム・アウトレット」「テラスゲート土岐」に多くの方が訪れますから、その方々をいかにして市内に取り込むかという仕掛けの1つとして開催としたものです。NEXCO中日本と共同して開催した事業ですが、フォトロゲイニングは、時間内にチェックポイントを回り得点を集めるもので、チェックポイントに到達した記録として写真を撮影するというスポーツしながら観光もできるゲーム形式の体験型イベントです。当市では初めての開催でしたが、当日は約160チーム、470名の参加があり、関東圏域など遠方からの参加者も数多く見られました。子ども連れの家族や若い年代の参加者が多く、当日配布された地図を見ながら、真剣な表情で作戦会議を行う姿も印象的で、参加した皆さんは思い思いに楽しい1日を過ごされていました。今年も10月29日に開催を予定しています。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

―― 土岐プレミアム・アウトレットを中心とした巨大な誘客施設があるわけですから、市内に呼び込んで活性化を図る起爆剤として開催したというわけですね。土岐プレミアム・アウトレットは、やはり名古屋からのお客さんが多いのですか?

加藤市長 土岐プレミアム・アウトレットは一昨年秋に第4期の増設工事を終え、来場者も約590万人から730万人に増加しました。交通量を見ると、高速道路の利用が44%で、国道19号の多治見方面からが36%、長野方面からが16%です。名古屋圏域のお客様も多いですが、東濃、長野方面からの利用者も多いことがわかります。飯田からは高速道路で約40分、瀬戸、豊田方面からは約30分と抜群のアクセスで、幅広いエリアからお客様に来ていただいています。今後も引き続きイベントを開催して、当市の魅力をPRしていきたいと考えています。

―― 続きまして、「観光イベントなどへの助成事業」についてもお聞かせください。

加藤市長 当市は陶磁器関連のイベント開催が多いですから、それに関する補助を行っています。春には「セラトピア土岐」周辺で「TOKI-陶器祭り」が開催されます。5月には約30万人のお客様で賑わう当市最大のイベントである「土岐美濃焼まつり」が「織部ヒルズ」で開催されます。また、「下石どえらぁえぇ陶器祭り」「だち窯やまつり」「定林寺まつり窯元巡り」など、各地区の窯元が中心になって行うイベントや「曽木公園もみじライトアップ」などにも補助を行い、観光イベントを支援しています。

個性豊かな特産品や陶器の作品をラインナップ
地域の魅力を発信する「まちゆい」

―― 続きまして、「観光拠点施設運営事業」に関連すると思いますが、地域連携施設「まちゆい」が整備されました。施設の内容について教えてください。

加藤市長 「まちゆい」の開発主体はNEXCO中日本で、特産品販売、カフェ、キッズスペースで構成されています。また、一部を観光協会が借りて、観光案内所や陶芸体験、ギャラリーコーナーを併設しており、ギャラリーの展示内容は定期的に変わります。お気に入りのアイテムが見つかるかもしれませんので、ぜひお気軽にお越しください。

―― 特産品の話題が出ましたが、最近おススメの商品などはありますか?

加藤市長 最近評判がいいと聞いているものの1つに「下石窯もと味ごはんの素」があります。陶器を焼くとき、職人さんは昼夜を問わず火の番をするために、ご飯をゆっくり食べている時間がありません。そこでおかずと一緒に食べられる味ご飯が考えられたそうです。炊きたてのご飯に混ぜるだけで簡単に召し上がっていただけますから、ぜひ一度ご賞味いただければと思います。

土岐市の情報

面積:116.16km2
人口:59,555人(平成28年9月30日)
市の木:ヒトツバタゴ
市の花:キキョウ

名所・旧跡・観光

陶史の森
土岐市立陶磁器試験場「セラテクノ土岐」
織部の里公園
若人の丘
土岐市温泉活用型健康増進施設「バーデンパークSOGI」(曽木温泉)
土岐プレミアム・アウトレット
土岐美濃焼まつり

隣接する自治体

瑞浪市|可児市|多治見市|御嵩町

商工会議所のご案内

土岐商工会議所のホームページはこちら

サポートアイコンL.jpg

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

東濃信用金庫

LinkIcon


LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon


LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon