ぎふ・プロジェクトネットワーク| 岐阜県の広報活動を通じ、地域経済活性化に貢献するNPO法人です。

GIFU42

●本部事務局/〒502-0003 岐阜市三田洞東1丁目20番3号 TEL.058-237-6222 FAX.058-237-7509



七宗町役場

〒509-0492 岐阜県加茂郡七宗町上麻生2442番地3
TEL.0574-48-1111 FAX.0574-48-2239
ホームページサポートメンバー

井戸 敬二 町長

町民が主体的に取り組む環境整備や伝統文化の継承
美しいまちづくりで地域活性化

自然豊かな美しいふるさとに誇りを持つために活動する

―― 日本で最も美しい村連合への加盟をお考えのようですが、その目的についてお聞かせください。

井戸町長 大切なのは、日本で最も美しい村連合へ加盟すること自体が目的ではなく環境整備や伝統文化の継承に町民が自発的に取り組み、まちに対する誇りを高めてもらう、そのための手段の1つだと考えています。町民の中にしっかりとした意識が芽生えて、その先に日本で最も美しい村連合への加盟があると考えています。

―― 町民の自発的な取り組みで、何か変化の兆しはみられていますか?

井戸町長 環境整備の観点でいえば、ボランティア的に草刈りに取り組む団体が随分と多くなってきました。これまでは漁業組合の方など神渕川に直接関係のある方々の取り組みが主でしたが、ここ最近は、自分たちが住むまちの景観をもっとよくしようという気持ちが現れ始めて、草刈りを積極的にやってくれる町民が増えてきました。

―― ほかにはいかがですか?

井戸町長 伝統文化の継承については、神渕神社の例祭で変化がみられつつあります。例祭は400年以上続くといわれ、山車や神楽がお披露目されますし、黒獅子が境内を暴れまわる奇祭です。9地区が当番制になって祭りを仕切るわけですが、少子高齢化の中で祭りを維持していくことが大変になってきています。



歴史あるお祭りですから当番区になった皆さんは「自分の代で終わらせたくない」という思いもあるのでしょう。これまでそれぞれに頑張ってきてくれました。それが、ここにきて神渕小学校の6年生を対象に笛や太鼓をボランティア的に指導する取り組みをスタートさせました。当番区になった方だけでなく、地域全体で盛り上げていこうという機運が高まってきていると感じています。誇るべき文化を次世代にしっかり継承していくことも大切なことだと考えています。

地域と連携したまちづくりも活発化

―― 七宗町独自の取り組み以外に定住自律圏においても、まちづくりが活発になっているようですね。

井戸町長 はい。定住自律圏地域まちづくり事業として、現在は3つの団体が活動しています。1つは、でか金倶楽部です。40歳代のメンバーが中心になって、熊本県長洲町が発祥のジャンボ獅子頭という巨大金魚を飼育して、まちのPR活動をしてくれています。ジャンボ獅子頭は大きいものでは40センチを超えるものもいるそうで、倶楽部で飼育してきた巨大金魚も立派に成長してきました。様々なイベントで披露したり、赤ちゃん金魚を配布するなどPRに努めてくれています。町役場庁舎でも常時見ることができますので、ぜひ一度ご覧ください。

―― 2つめの団体はどのような活動をしていますか?

井戸町長 2つめは飛騨川流域まちづくりの会です。こちらは公共団体のOBやNPO代表者など約20名のメンバーで構成され、手づくりによる観光を作り、地域の誇りの創出と交流人口の増加を目指しています。これまでに納古山登山道に看板をつけたり、登山道の整備や登山者に対するガイド、龍神コンサートの開催などをされています。また、体の不自由な方や高齢者に向けた移送サービス事業も計画するなど、幅広い事業に取り組まれています。

―― 3つめの団体についても教えてください。

井戸町長 3つめは葉津地区を中心にレッキーマラソンコース沿いの環境整備事業に取り組んでくれています。レッキーマラソンは毎年12月第2日曜に当町で開催され、これまでに18回の開催を数えます。コースは1.5キロ、3キロ、10キロのコースがあり、東京や大阪など毎年遠方から来られる熱心なファンもいて、約1000人の参加者が健脚を競うアットホームなマラソンです。
葉津地区は10キロコースの中間にかかる地域ですが、ランナーに気持ちよく走ってもらいたいという気持ちから竹やぶや雑草の除伐など環境整備に取り組んでくれています。この活動を通してホタルの繁殖も活発になり、ホタルも増えてきました。ホタル観賞で知られる美濃加茂市三和地区の町民や小学生との交流もスタートします。レッキーマラソンでは、ボランティアで豚汁をふるまうほか、町会議員の皆さんも餅をついてサービスするなど、大会を盛り上げてくれています。こうしたおもてなしの心を届けることで、交流人口増加や地域活性化につながるものだと期待しています。

七宗町の情報

面積:90.47km2
人口:4,066人(平成28年10月1日)
町の木:ひのき
町の花:しゃくなげ

名所・旧跡・観光

飛水峡
日本最古の石博物館
神淵神社
蒸気機関車展示館

隣接する自治体

関市|美濃加茂市|下呂市| 川辺町|八百津町|白川町

商工会のご案内

七宗町商工会のホームページはこちら

サポートアイコンL.jpg

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon


LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon


LinkIcon