ぎふ・プロジェクトネットワーク| 岐阜県の広報活動を通じ、地域経済活性化に貢献するNPO法人です。

GIFU42

●本部事務局/〒502-0003 岐阜市三田洞東1丁目20番3号 TEL.058-237-6222 FAX.058-237-7509



八百津町役場

〒505-0392 岐阜県加茂郡八百津町八百津3903番地の2
TEL.0574-43-2111  FAX.0574-43-0969
ホームページサポートメンバー

金子 政則 町長

世界記憶遺産登録の国内候補をきっかけに
人道精神の大切さを再認識し、交流人口増加も目指す

杉原千畝を排出したふるさととして
世界遺産への登録に期待が高まる

―― 八百津町の観光、物産の現状についてお聞かせください。

金子町長 当町出身である杉原千畝さんの「命のビザ」を含む関連史料「杉原リスト」が、世界記憶遺産への登録を目指す国内候補に選ばれたということで、町を挙げて、世界の八百津を目指しています。また、当町は様々な食の宝庫でもあります。栗きんとん、酢、しょうゆ、みそ、酒、八百津せんべいなど、それぞれに特徴がある自慢の特産品です。
平成28年度に、八百津、御嵩間のトンネルが開通します。さらに少し先になりますが、恵那へ抜ける国道418号が抜けると、当町は本当に風通しがよくなります。インフラの整備が進むことによって、当町へのアクセスも格段に良好になるものと思います。人道の丘公園杉原千畝記念館を訪れていただき、合わせて、おいしいものを食べていただいたり、買っていただきたいと思います。歴史的な部分も見学していただいて、1日楽しめるまちであることを皆さんに知っていただきたいと思います。

―― 特産品の話題が出ましたが、町内で八百津町の特産品が一堂に集まっている拠点施設などはありますか。

金子町長 行政として道の駅のようなイメージな施設はありません。ただ、個人の方が商工会の連携の中で、これはと思うものをピックアップして販売しているお店はあります。また、旅足川からの高さが約200mにも及び、高低差が全国で3番目という新旅足橋近くにオープンしている「しおなみ山の特売所」も特産品販売の拠点施設です。町からの委託を受けて、地域の主婦の方々が運営している施設で、朝採れの新鮮野菜のほか、和菓子、メディアで取り上げられて話題になった油揚げなども販売していますので、ドライブがてら、ぜひお立ち寄りいただければと思います。

 

栗きんとん、松茸
食の宝庫として賑わいを見せる

―― 観光で八百津町を訪れるにあたり、おすすめの時期はありますか。

金子町長 四季折々で表情が異なり、春夏秋冬いずれもおススメですが、まちが最もにぎわうのは秋です。9月1日から栗きんとんの販売がスタートしますが、町内にある4軒の和菓子店はいずれもびっくりするぐらいの人であふれんばかりの賑わいを見せます。名古屋、三重、静岡など各地から、八百津の栗きんとんを楽しみに毎年訪れるお客様もたくさんいます。
もう1つ、当町は松茸も非常に有名です。私が子どもだった頃は、丸山ダム付近の山に観光バスが40、50台と連なって入り、松茸狩りで大いに賑わったことを今も記憶しています。昨年はふるさと納税で、高額寄付をいただいた方に、こけ山(マツタケ山)の入山権を用意しました。昨年は結構な本数の松茸が採れたようで、喜んでいただけたと思います。

「五宝滝」「大仙寺」などともタイアップし
滞在時間を伸ばす観光プログラムを検討

―― 観光スポットとして人道の丘公園杉原千畝記念館の話題が出ましたが、ほかにおススメのスポットはありますか。

金子町長 宮本武蔵が滝に打たれて修業したという言い伝えが残っている「五宝滝」や国の重要文化財に指定されている「旧八百津発電所資料館」など見どころはたくさんあります。あるいは、「大仙寺」の庫裏大広間に描かれた椿の13枚のふすま絵も一見の価値があります。大仙寺では毎月1日と15日に、写経と座禅の会も開催されています。こちらもふるさと納税のメニューに加えたのですが、若い女性の利用者もあり、自分探しのきっかけとして活用されるケースもありました。杉原記念館だけでなく、五宝滝、大仙寺などともタイアップしながら、当町で1日ゆっくりしていただくプログラムづくりも今後考えていく必要があると思っています。

―― 人道の丘公園杉原千畝記念館については、映画「杉原千畝 スギハラチウネ」の公開が重なったことで、入館者数もずいぶん伸びたように思います。

金子町長 はい。映画の公開と世界記憶遺産の国内候補については、まったくの偶然ですが、ありがたいことに来館者数も増加しました。ただ一過性で終わらないようにすることが今後の課題です。杉原記念館をきっかけにたくさんの方に当町を訪れていただくことはもちろん重要ですが、これまで続けてきた人道精神の大切さを子どもたちに培っていくことも引き続いて行っていきたいと考えています。八百津小学校では「メノラの灯」という人道創作劇に取り組み、10年目を迎えています。中学生については、当町出身である吉田茂さんの寄付による吉田茂国際交流基金を活用して、ワシントンにあるホロコースト記念館の見学などに約20名を派遣しています。こうした事業を通じて、自信をもって世界に羽ばたいていくことができる子どもたちを育てていきたいと考えています。

 

八百津町の情報

面積:128.81km2
人口:11,460人(平成28年10月1日)
町の木:松
町の花:ささゆり

名所・旧跡・観光

旧八百津発電所資料館
明鏡寺観音堂
人道の丘公園・杉原千畝記念館
五宝滝
蘇水峡
上代田
八百津だんじり祭(4月第2土・日曜日)
久田見まつり(4月第3土・日曜日)
私の青空 八百津の森づくり
口裂け女の発祥の地

隣接する自治体

恵那市|美濃加茂市|可児市|瑞浪市|川辺町|七宗町|白川町|御嵩町

商工会のご案内

八百津町商工会のホームページはこちら

サポートアイコンL.jpg

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

東濃信用金庫

LinkIcon


LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

 

 

 

 


LinkIcon