ぎふ・プロジェクトネットワーク| 岐阜県の広報活動を通じ、地域経済活性化に貢献するNPO法人です。

GIFU42

●本部事務局/〒502-0003 岐阜市三田洞東1丁目20番3号 TEL.058-237-6222 FAX.058-237-7509



養老町役場

〒503-1392 岐阜県養老郡養老町高田798番地
TEL.0584-32-1100 FAX.0584-32-2686
ホームページサポートメンバー

大橋 孝 町長

養老改元1300年に向けて
新たなまちづくり事業がスタート

養老公園を中心にした「養老の郷づくり」

―― 町の活性化に向けた新たなプロジェクトが立ち上がったと伺いました。

大橋町長 はい。養老改元1300年プロジェクト「新生養老まちづくり構想」です。西暦717年は養老という元号に改元された年です。それから1300年経つ2017年を目標年次にして取り組んでいるところです。推進委員会が立ち上がり、現在、中間報告が出ましたので、来年度から本格的な取り組みを進めていきたいと考えています。

―― 具体的にはどのような事業が行われるのですか?

大橋町長 推進委員会の下に「養老の郷づくり」「養老改元1300年祭に向けたまちづくり」「親孝行の心まちづくり」「養老の魅力発信の強化」という4つの専門部会があります。中でも「養老の郷づくり」では、町の観光活性化として養老公園から山麓、田園地帯も含めて整備していく予定です。

―― どのような整備が進められますか?

大橋町長 例えば、山麓地帯は登山客で賑わいを見せていますが、猪などの獣害により東海自然歩道も荒らされた場所もあります。そうした箇所も含めてウオーキングロードやサイクリングロード、トレッキングロードを整備して、多くの方に安心して楽しんでいただけるよう整備を進めたいと考えています。

また、当町ではグラウンドゴルフ場の整備が進んで、グラウンドゴルフを楽しんで「養老温泉ゆせんの里」で温泉に浸かり、食事を楽しまれる方が愛知県尾張地区を中心に多く、人気になっています。そこで温泉施設付近には週末ファーマーズとして楽しんでいただける場所や農産物の販売施設なども整備したいと考えています。また、まだ個人的な漠然としたイメージではありますが、当町は“焼き肉のまち”としても知られていますから、お肉市場やバーベキューも楽しめるような施設も合わせて整備できると、さらに賑わいを見せるのではないかと考えています。

貴重な歴史遺産「象鼻山古墳群」に注目

―― 「養老改元1300年祭に向けたまちづくり」についても教えてください。

大橋町長 昔、元正天皇が「養老神社」境内にある「菊水泉」にいたく感動されて、“若返りの水”ということで、養老と改元されました。翌年、菊水泉の水を都に持っていってお酒を作ったわけですが、その「若水取り」の行事を春分の日に開催しています。また養老の元号に改元されたのが11月17日であることから、当町では11月7日を「養老の日」に制定させていただきました。「養老改元1300年祭」では、春分の日から11月7日までの期間で様々な催しを開催するということで進めているところです。今年も11月16日には養老の日の記念行事、17、18日は親孝行のふれあいフェスタということでプレイベントを開催したところです。

―― 「養老の郷づくり」についてですが、やはり養老公園を中心にしたエリアが対象になるのですか?

大橋町長 はい。ただ「養老の郷づくり」には含まれていませんが、町全体の観光を考える上では「象鼻山古墳群」に大きく注目しています。1世紀に造られた古墳ではないかという報告もあり、畿内では5世紀から8世紀に造られた古墳が多い中で、1世紀の古墳は全国的にも大変珍しいものです。そうした貴重な古墳が約70基も残されています。象鼻山は標高142mの山で、山頂に立つと濃尾平野が一望でき、そんな高台に造られた墳墓ということで、かなりの豪族だったのではないかと思われます。現状ではきちんとした検証がされていないので、2017年までにもう一度発掘調査を行い、明確な位置づけにならないかと思っています。

 

新しい地域自治のスタートになる
「自治町民会議」

―― ほかに新たな取り組みはありますか?

大橋町長 話題はがらりと変わりますが、新しい地域自治ということで「自治町民会議」の設立を進めています。これまで小さな区が単位になって町とのパイプ役を行ってきましたが、少子高齢化で役員の人数が不足したり、単位が小さいため事業に対応できないという問題がありました。そこで小学校区ぐらいの大きさのコミュニティを組織して地域の課題に取り組んでいただければと考えています。現在は町民の皆さんに理解を深めていただいている段階です。再来年ぐらいからスタートできたらと思っています。

―― 「自治町民会議」では、どんな活動が主体になるのですか?

大橋町長 例えば子育てです。働くお母さんが増えていますから、延長保育や留守家庭児童の預かりを地域でお願いできないかと考えています。あるいは軽い認知症で介護認定が受けられない方々をコミュニティの中で預かっていただけないかということも考えています。以前に比べて、独居の方が多くなりました。家の中に閉じこもっていると認知症の進行が早くなってしまいます。公民館など既存施設を活用して交流できる場所を創造し、地域の人たちでお互いに助け合うことが大切だと思います。

養老町の情報

面積:72.14km2
人口:31,398人(平成26年2月28日)
町の木:ツゲ
町の花:菊

名所・旧跡・観光

養老の滝・菊水泉
養老天命反転地
象鼻山
養老公園
岐阜県こどもの国

隣接する自治体

大垣市|海津市|垂井町|輪之内町

商工会のご案内

養老町商工会のホームページはこちら

サポートアイコンL.jpg

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

大垣信用金庫

LinkIcon


LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon

 


LinkIcon